CONTRAST ARCHIVE

Bookmark

Archive

SHU TO / EXHIBITION HUNGRY SCISSORS

岩竹勇樹

この度、東京と京都に拠点を置くクリエイティブスタジオ「SHU TO /」の代表・インテリアデザイナー、岩竹勇樹による初個展「SHU TO / EXHIBITION HUNGRY SCISSORS」を1/26(金)から30(火)までCONTRASTにて開催致します。 2012年インテリアデザイン事務所としてスタートし、イベント、ショールーム、ショーウィンドウ、店舗、オフィス、住宅、家具、プロダクトと様々な領域のプロジェクトを手掛け、主なクライアントにはALFA ROMEO、ALPHATAURI、BMW JAPAN、DECORTE等がいる他、ロサンゼルスを拠点とするファッション・カルチャーマガジンFLAUNT MAGAGINE にも掲載。 2024年、SHU TO /は世界に影響を与える「空間による自己表現」を思考する新たなクリエイティブスタジオへ。 自己を表現する個性的で他にはない空間創りへの渇望は、ファッションに強く影響を受けており、インテリア・ファッション・アートの要素を融合し空間を再構築し、それらの調和と破壊を通して心を動かす空間表現を模索します。

PHOTO: Tadamasa Iguchi (IN FOCUS)


VIDEO

Direction&Cinematography: Yoshinori Kataoka (IN FOCUS)

Edit: Haruna Kitagawa (IN FOCUS)

Production Management: Akiho Sato (IN FOCUS)


PHOTO: Tadamasa Iguchi (IN FOCUS)


VIDEO

Direction&Cinematography: Yoshinori Kataoka (IN FOCUS)

Edit: Haruna Kitagawa (IN FOCUS)

Production Management: Akiho Sato (IN FOCUS)


Archive

Title

Artist/Company

Date

Tag

CONTRAST ARCHIVE

Bookmark

Archive

Delusions & Realities

  • Elliott Nicole
  • Coral Garvey

この度、ベルリンとヨーテボリを拠点に活動するスウェーデン/ポーランド人、マルチメディア・アーティストのElliott Nicoleとロンドンを拠点に活動する韓国系アメリカ人、マルチメディア・クリエイターのCoral Garvey が1月17日(水)から20日(土)まで、CONTRASTにてグループ展「Delusions & Realities」を開催致します。 本展では、芸術的な視点で魅惑的に融合された誇大な妄想、変容やアイデンティティの微妙な旅路の交差を探求します。Coral Garveyは自己認識の複雑さに焦点を当て、壮大な願望の魅力とその落とし穴を描写する一方、Elliott Nicoleは、アイデンティティの流動性が絶え間ない変容を遂げ、個人的進化という深遠な領域をナビゲートします。 これらの視点は、アーティスト自身が抱く幻想と真のアイデンティティを形成する変容のプロセスとの複雑な関係が浮かび上がります。これにより、観る者は野心と自己発見の微妙な境界線について深く考えさせられ、ダイナミックな対話が生まれます。

Elliott Nicole

ベルリンとヨーテボリを拠点とするスウェーデン/ポーランド人のマルチメディア アーティスト兼クリエイティブ ディレクター。 ファッションとソフトウェアデザインの背景を持つ彼女の芸術性は、主にテクノロジーとデジタル アートを中心に展開し、特にパフォーマンス アートに焦点を当てています。 彼女は演技、ダンス、ビデオ アートの要素を組み込んだ、没入型の体験としてパフォーマンス アートを表現する探求を深く掘り下げています。 彼女の芸術作品は本質的に実験的であり、常に疑問を投げかけています。 映画への愛に加えて、Elliottはテキスタイルのインスタレーションや絵画も制作しています。 彼女はオンラインとオフラインの両方のスペースを利用し、視聴者が自分のアートワークと対話し、参加できるように没入型の体験を作り出します。 主な個展としてThe Templet「Transisting」(スウェーデン、ヨーテボリ/ 2022年)、「Natural // Unnatural」( ポルトガル、フンシャル/ 2019年)、「Constraints Constructed」(ドイツ、ベルリン/ 2018年)、「Shapes of Abstract Movements」(コロンビア、ボゴタ/ 2017年)を開催しています。 また、OpenSea「Pineapple」(2021年)、「AEI」(ギリシャ、アテネ)、ヨンショーピング美術館(スウェーデン/ 2020年)、「Doesn't Suite Me」(アメリカ、マイアミ)、 カナダ(2017)、「Morgen Morgen」(東京/ 2016)など、様々なグループ展にも参加しています。 Elliottの作品は、ドバイで開催される欧州連合の 2020年 AI サミットでも特集および記録されることになり、スウェーデンを代表する 2 人のアーティストのうちの 1 人となりました。 それに加えて、ストックホルム王立工科アカデミーと協力し、AI と芸術の交差点に関する研究に貢献しました。 Elliottの芸術的スキルが認められ、スウェーデンの「ヨーテボリ文化協会」、「オットー・オク・シャーロット・マンハイマーズ・フォン」などの団体から助成金を受けています。

Coral Garvey

幼少期: 多文化家族の一員である彼女は、カリブ海のアンギラという小さな島で幼少期を過ごしました。ここで彼女は自然、白い砂浜、砂漠のような地形、そしてアラワク族の神話の物語に夢中になりました。思春期に家族で米国北東部に移住し、そこで彼女はアニメ、SF ファンタジー、漫画本すべてに夢中になりました。彼女はいつも鉛筆、マーカー、または絵筆を使って、自分の芸術的表現を表現するのが大好きでした。それぞれの環境の中で、彼女は、妹とはいえ、自分の文化圏内で唯一のアメリカ系アジア人であることに気づきました。これらの経験により、他文化、心理学、自然と育ち、アイデンティティと発見、そして現代世界の中での自分の居場所を見つけることへの深い関心が生まれました。 教育/早期キャリア: Coralは、ブルックリンの中心部にある世界的に有名な美術学校、プラット インスティテュートに通いました。ここで彼女はニューヨーク市の文化圏にどっぷりと浸かり、コミュニケーション デザインのスキルを磨きました。 Apple、Converse、Nike、Diesel、Adidas などのデザインおよびアートディレクションとユースカルチャーブランドで長年働いた後、これらのさまざまなプラットフォームを通じて伝えることができるインスピレーションに満ちたメッセージを気に入っていましたが、最終的には自分のキャンバスで自分のストーリーを伝えたいと考えていました。彼女は最終的にニューヨーク市を離れ、パリ、マドリッドでの生活を模索し、最終的に自分の芸術的表現を見つけるためにベルリンに拠点を移動しました。 スパーク: ベルリンは、彼女が自分の輝きと、自分の経験をキャンバスに表現する力を見つけた場所でした。 「世界とそれに伴うフラストレーションを内面化し、ストイックな態度を保ちながら自分自身を閉じ込める義務が、自分を引き裂いてしまう可能性があることに気づきました。デジタル時代の女性として、これらの「目に見えないルール」は裏口から潜在意識に浸透します。これらのルールが明るみに出されることが重要です。」 彼女の作品の中で、彼女はインターネットの原型、ブランド崇拝、ソーシャルメディアへの期待、文化的かつ個人的なアイデンティティ、儀式と社会不安の物語を探求しています。コーラルは、神話上の人物、タロットの象徴、ナイキ崇拝、ルネッサンス絵画、テクノワール、ディストピアパンクアニメ、宗教図像などに影響を受け、作品に取り入れています。

About CONTRAST
2022年、東京·代々木八幡にクリエイティブスペースとしてオープン。築45年の躯体をベースとした内装は「再構築」をコンセプトに3つのフロアで構成され、「多様なデジタル表現を交差することにより新しい視点を提案する」をミッションに活動するデジタルブランディングスタジオ「IN FOCUS」によって運営されています。 CONTRASTはクリエイターに寄り添った広く開放されたスペースとして、枠に囚われず実験的、かつ利用者によって継続的に再構築されていく空間を目指します。 また、多くの表現に焦点を当て、それらを生み出すクリエイター達と出会い、その姿勢を知ることは私たちに 「CONTRAST = 対比」の重要性を気づかせてくれるでしょう。 Operated by IN FOCUS2022年、東京·代々木八幡にクリエイティブスペースとしてオープン。築45年の躯体をベースとした内装は「再構築」をコンセプトに3つのフロアで構成され、「多様なデジタル表現を交差することにより新しい視点を提案する」をミッションに活動するデジタルブランディングスタジオ「IN FOCUS」によって運営されています。 CONTRASTはクリエイターに寄り添った広く開放されたスペースとして、枠に囚われず実験的、かつ利用者によって継続的に再構築されていく空間を目指します。 また、多くの表現に焦点を当て、それらを生み出すクリエイター達と出会い、その姿勢を知ることは私たちに 「CONTRAST = 対比」の重要性を気づかせてくれるでしょう。 Operated by IN FOCUS

Archive

Title

Artist/Company

Date

Tag